女の人

糖尿病の食事を把握しよう|セルフケアのススメ

血糖が高い方の生活

料理

合併症に注意

糖尿病は血液中の血糖(ブドウ糖)の濃度が高い状態のことです。血糖値が高いまま生活をしていると、合併症にかかる可能性があります。糖尿病の合併症は、網膜症、腎臓病、神経障害の3つです。ひどい場合だと失明や、足の切断などにつながるケースもあります。血糖が高いだけと、放置せずに早めに治療を行いましょう。糖尿病には他にも自覚症状があります。異常に喉が渇く、トイレが近くなる、疲労感などが代表的な症状です。これらの症状がないか確認しましょう。糖尿病と診断された方は、食事療法が始まります。糖尿病の治療は、他にも薬物療法や運動療法がありますが、食事が基本になります。食事で血糖値が改善しない場合に服薬や運動を始めることになります。

食生活のポイント

糖尿病の食事療法は難しくありません。糖尿病だからと言って食べてはいけないものもありません。規則正しいバランスのとれた生活をすることが大切です。しかし、糖尿病と診断された方は暴飲暴食をしている方も多いでしょう。毎日の食生活を振り返り、食事療法を実践していきましょう。まず、1日3食に分けて食事をとりましょう。食事の間が空きすぎると、血糖値が安定しなくなるので規則正しい時間に食事を取るのがお勧めです。また、自分に合ったエネルギーの食事をしましょう。仕事の内容や体格によって必要なエネルギーはそれぞれ変わります。主治医の指示に従って、自分に合った食事療法を始めましょう。急に頑張りすぎると、ストレスが増えて長続きが難しくなるので、できるところから徐々に始めていきましょう。

生活習慣の改善が重要です

2人の男性

糖尿病には完治する特効薬のような治療法はないのです。薬物療法と食事療法と運動療法を組み合わせて、生活習慣を改善することが治療法です。特に大事なのは食事療法で、家庭で療養する場合は糖尿病食の宅配弁当を利用すると便利です。原因はカロリーの取り過ぎと運動不足なので、その点を改善すると病状も良くなります。

» 詳細を読む

栄養のコントロールと管理

ファミリー

糖尿病は一度なると一生付きまとってしまう病気であり、イメージのよいものではありませんが、血糖数値の管理や食事の管理を行うことでいつまでも健康的に生活をすることができます。栄養指導などを一度受け薬やサプリメントなどで工夫をしながらAICを下げ合併症を防ぐようにすることが大切になります。

» 詳細を読む

食べる物に制限がかかる

料理

糖尿病になると食事の制限が必要になってくるが、上手に病気と付き合っていけば大きな制限は無くなります。食べる物や食べる量に注意して上手に病気と付き合っていく事が出来ます。またダイエットなどをする事で、症状の悪化を防ぐ事が出来ます。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 糖尿病の食事を把握しよう|セルフケアのススメ All Rights Reserved.